小規模持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)

例年個人事業主などの小規模事業者にはとてもお世話になる小規模持続化補助金が「令和2年度第3次補正予算持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)」として再度登場。

毎年1回目・2回目は採択率が高いので、ホームページを作りたい。店舗回収をしたいなどあればぜひ申請して下さい。
申請も作成代行・サポートも受けております。

補助額

◯一般型:上限50万円
※共同申請可能

◯低感染リスク型ビジネス枠:上限100万円
✓ポストコロナ社会に対応したビジネスモデルへの転換に資する取組や感染防止対策費
(消毒液購入費、換気設備導入費等)の一部を支援。

補助率

◯一般型:2/3

◯低感染リスク型ビジネス枠:3/4
✓感染防止対策費は補助対象経費のうち1/4を上限に支援。

補助対象

◯一般型
店舗の改装、チラシの作成、広告掲載など

◯低感染リスク型ビジネス枠
オンライン化の為のツール・システムの導入、ECサイト構築費など

事例①(一般型)
宿泊・飲食事業などを行う旅館にて、補助金を活用し、外国語版Webサイトや営業ツールを作成。また、ピクトグラムの活用やムスリム対応情報を発信した結果、問合せ件数が倍増、海外客の団体旅行予約も2割程度増加

事例②(低感染リスク型ビジネス枠)
ポストコロナ社会を見据えた対人接触機会の減少に資するビジネスモデルへの転換のため、飲食店が大部屋を個室にするための間仕切り設置を行い、予約制とするためのシステムを導入。

※jGrantsによる電子申請のみの受付GビズIDプライムの発行には2~3週間ほど時間がかかりますので、補助金の申請をお考えの方は事前のID取得を取得しましょう!
https://www.jgrants-portal.go.jp/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる